美農利株式会社のホームページへようこそ!!

美農利株式会社
〒6048211
京都府京都市中京区六角通室町西入玉蔵町121
TEL.0752512481
FAX.0752512581
.
 

富樫実と美濃利ビル

 

富樫実と美濃利ビル

富樫実と美濃利ビル
 
現在も彫刻家として活躍を続ける富樫実は、仏教思想の普遍的な真理である 「空(くう)」そのものを造形作品にしようと、 50年以上にわたり、 一貫して「空(くう)にかける階段」というタイトルの造形物を彫りつづけている。 

 ≪ 空(くう)にかける階段  ≫                                   
木という独特の香りや木目という生命を感じさせる有機的な素材を用いて、幾何学的な直線と曲線を組み合わせて無機的なフォルムを完成させ、そこから無限大に伸びる時空を超えた生命を表現するという試みがこのシリーズの特徴である。
 木彫のシリーズを美術館という枠の中でコンスタントに発表する一方で、パブリックな空間に必然性をもって設置される大型作品の制作にも興味を持つ。
彫刻の理想はあくまで「用途」を超越した純粋な表現性にあるのだから「用と美」を兼ね備える工芸とは本質的に異なる。
「用」を考えねばならぬ彫刻は、すでに不純なものとなる。「用」を離れ「場」を得た彫刻こそ真の彫刻である。 すなわち屋外空間の中に必然性を持って設置される大型彫刻こそ富樫芸術の真髄がある。
 
1977年に24時間鑑賞OKというふれこみで、美濃利株式会社が黒大理石のパブリックアートの設置を依頼し、話題になった。
近代的な直線をもとにした新社屋の前に設置されたが、上に向かって緩やかに無限に伸びていく曲線が建築物に見える直線を和ませている。
美濃利ビルにおける富樫の作品は玄関前にある黒大理石の「空にかける階段77-ⅤⅢ」だけでなく、その頭上に多くのパイプで組まれた「ヘリコイド 物体」(螺旋体)がある。これは繊維の糸の絡みなのか、美濃利のイニシャル「M」なのか見る人に自由に考えて欲しいとのこと。
またこれ以外にもビルの中、随所に富樫作品が点在する。
一番大きな作品は、美濃利ビルそのものが富樫の作品であると言っても過言でない。
1967年パリに留学していた富樫は、パリの建物の間にある中庭の空間に興味を持ち、その空間の表現を美濃利ビルのデザインに取り入れている。特に正面の複雑な造形はその建物ではなく、建物が作った空間にこそ意味がある。また玄関内は       特に富樫が力を注いだ部屋である。壁の大理石、床のタイルは富樫本人がイタリアまで出向いて買い付けてきた素材でる。                                    
1979年に富樫はこの美濃利ビルの作品で「ひろば作品賞」を受賞している。     
 
[参考文献] 加藤賢治 著 『空にかける階段 彫刻家 富樫実の世界』 サンライズ出版 2004年                               
 
qrcode.png
http://minori-web.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
002644
<<美農利株式会社>> 〒6048211 京都府京都市中京区六角通室町西入玉蔵町121 TEL:0752512481 FAX:0752512581